2013年9月 8日 (日)

ご無沙汰しておりました

皆さん、ご無沙汰しておりました。


思い起こせば今年の1月辺りから少しずつ体調を崩し、遂に6月学校に通う事ができなくなってしまいました。
その理由で6月の下旬から8月の下旬まで日本で療養しておりました。

約3ヶ月楽器から離れ、色んな事を思案しながら過ごした日本での日々は正直辛いものでした。
楽器から離れることで自分だけ取り残されているような気がし、かと言って吹いてみようと思えば様々な不安が浮かび、の繰返し。

生きる事がこんなに難しいことなのか、と初めて痛感しました。
でもサックスを諦めようとは思いません。何故か思えないのです。
中学から夢中でやって来た事なので、私にできることは音楽しかないからでしょうか。


これから体調を整え、慌てずコツコツしていこうと思います。


さて、昨日はドイツで初めてサックスのレッスンをした日でありました。
3ヶ月まともに吹いていなかったので、ヴィブラートができなくなっていてビックリしましたが、なんとか終えることが出来て一安心。

2013年6月14日 (金)

デュッセルドルフ:匠 2号店

昨日は日本人のお友達の方からラーメンに誘われ、夜20時頃デュッセルドルフ中央駅で待ち合わせ。


中央駅から地下鉄ですぐのOst Straßeの駅から、ひたすらまっすぐ歩いて5分。ライバル店「なにわ」を通りすぎて少しの所にラーメン屋「匠」の2号店に行くのが、その日の目的でありました。
実は私、ここに来るのは3回目です。(3回ともお友達と行きました。一人じゃないですからね←)

個人的には初代に比べて2号店の方がスープの味がはっきりしている印象。


初代匠と2代目匠は、お互い歩いて5分程の近距離に位置しています。
更にメニューは、なんとそれぞれで独立しているのです!同じ系列なのにライバル!!
たまたま2日間連続で「なにわ(前回の記事)」に行った時も思いましたが、ラーメンって同じお店でも毎日行くと味が違う気がします。気分にもよるのかな?


私が頼んだのは、黒丸豚骨。強烈ににんにくが効いている一品。
帰宅後、自身からにんにくの臭いをプンプン放っているな、と自覚できるほどの威力です。
一人暮らしで良かった←

Picsay1371236526


ごまを擦ってお好みでかけて食べる、独特のスタイル。

写真が下手くそなのが残念ですが、美味しかったです。
でも個人的にはここの阿佐ヶ谷中華そばが今のところ一番好きです。

匠2号店のオフィシャルページはこちら

2013年6月 9日 (日)

魔の66番線

ちょうど1週間前のお話。


トロンボーンの詩織ちゃんと一緒にボンへ遊びに行きました。

「13時半にケルンの中央駅で待ち合わせね!」と言った私が電車の遅れで数分遅刻してしまい、危うくボン行きの電車に乗り遅れる所でした。神様は遅れてはならないと思う私の心を読み取るように、そんな時だけ電車を遅れさせるんですね・・・


待ち合わせ場所で落ち合い、2人で全速力で走ったら何とか電車に乗ることが出来ました。

私は以前ボンに住んでいた為、よくケルンと行き来していたのですが、その日乗った電車はなんだか見覚えのない違う電車。

2人で乗ること約40分。まだボンに着きません。たしかケルンとボンは約30分の距離だったような気がしたのですが、きっと鈍行列車に乗ってしまったのだろうと、更に10分。

流石におかしいと思った所で下車、ふと駅の名前を見てみると、『Bad Honnef』という明らかにボンではない地名ではありませんか。地図を見てみると、Bad Honnefはボンとライン川を挟んで対岸の所にある街でした。乗る電車を間違っていたわけです。

だが、そこで機転が利いた私。
この地名、確かボンに住んでいたとき、地下鉄の行き先でよく見たような、ないような。。。。だとすれば近くにU-Bahnがあるはず!と判断した私達は、バス待ちのお兄さんに場所を教えてもらい探してみることにしました。外国で迷子になると、結構焦るもんですね。


一瞬家にも帰れなくなるのではないか、と感じました(半泣き)


2人で歩くこと5分ほどの所に、U- Bahnの駅を指す『U』の青看板が見えて来ました。


1370109045picsay


1370108787picsay


地下鉄かとおもいきや、地上に駅がありました。
このホームを見るだけでも、ドヨンと暗い。


30分程待ち、Bad Honnef発66番線に乗り込み、いざボンへ。

結局平均30分の道のりを2時間掛けて遠回りしてしまいました。
ボンへは30分ほどで到着。


まずはMünster Platzのあの方にご挨拶。
「おひさしぶりです、ルートヴィッヒさん」

1370108736picsay


お友達に教えてもらって、すっかりお気に入りになったボンでのオススメのカフェ、『Kaffeeklatsch 』。
ボンのAlt Stadt の奥にある紫色の小さなお店。金土日の15時~19時までしか営業していない、不思議で落ち着いたカフェです。

ここのケーキが安いくせに堪らなく美味しいんです。詩織ちゃんとケーキたち。
1370108892picsay

私達が座ったのは、店内奥のちょっと暗いヒミツの部屋のようなスペース。ふかふかの椅子が置いてあります。
話し込んでしまって、あっという間に2時間程滞在してしまいました。
やはり同じ学年の友達は必須ですね。気軽に話せて楽しかった。


帰りはベートーヴェンティーとやらを販売しているお茶屋さんに行ったのですが、匂いが気に入らなかったので、普通のダージリンを買うことに。


当初はボンに行くことが危ぶまれましたが、お気に入りカフェのお陰でそんなストレスも吹っ飛びました。


皆さん、ドイツに来たら私と一緒にKaffeeklatschに行きましょう!本当にオススメです。

2013年5月28日 (火)

今日、元気の出る言葉、活力の出る言葉

寒い印象のあるドイツの5月ですが、今日も昨日も見事な快晴で気持ちがいいです。

1369741642picsay

日本へしばらく帰ろうと思うので、ドイツでの事務作業を着々と終わらせています。
今日はドイツ語の勉強をして、日本での予定を少し整えて、ご飯を食べ(今ココ)、練習して、ピアノのレッスンです。


イチロー選手の、

「壁というのは出来る人にしかやってこない。越えられる可能性のある人にしかやってこない。だから壁がある時はチャンスだと思っている」

という言葉を目にしたとき、私もきっと今は壁に直面しているのだろうな、と思いました。
それが「自分」という壁なのかどうかはわからず、その正体が残念ながらはっきりとしないのですが、今の自分はどうやって壁の向こう側へ行くのか考えている途中なのだろうな、と。


前進していくのに必要なことが、イチロー選手の言葉にあるような気がしました。


写真は今日のブランチ。
最近、お茶漬けパスタが自分の流行。
1369740377picsay


2013年5月26日 (日)

休戦

Img00147picsay


大家さんから頂いたクリームパン、焼きたて。


報告がございます。

色々思うところがあり、今季のゼメスターだけ大学院を休学することにしました。
この間も自分が出来る範囲で勉強しようと思いますし、自分と楽器に向き合うことも止めたくありません。
しかし「休学」ということで自分の体調面も案じながら、お休みもしようと思います。

この期間で日本にも帰る予定ですが、未だ決まっておりません。

2013年5月20日 (月)

実は

皆さん、お久しぶりです。


実は最近メンタル面も含め身体のコンディションが悪いので、ある意味凸凹な毎日を過ごしています。
きっと今は人生の中でそのような時間なのだろうな、と考えています。
一日の中で気分の移り変わりが激しいので、少し苦しい時が日に何度も訪れます。
過去の自分や今の自分、未来への不安など、誰もが思うことで悩んでいます。


ブログって、沢山の人々が自分の近況やお知らせ等を載せていくと思うのですが、ここではそれだけではなく自分の素直な思いや考えなどを発信し表現していこうと考えています。

同級生たちが日本でそれぞれ悩みながらも前進していく姿をPCごしに見ながら、今の立ち位置と自らの今までの道のりが本当にちっぽけで情けなくなってしまいます。

でも諦めちゃ駄目なんですよ、こんなふうになっても応援していくれる人たちがいますし、有意義に集中できる環境を持っているのですから。


ちょっとした近況報告をしておきます。
11日と14日はKlassenabend、ゴーティエクラスのコンサートがケルンとヴッパータールで行われました。
Picsay1369052791

Picsay1369052244


11日はカルテットでPeckの「ドラスティック・メジャーズ」を演奏しましたが、G.P.が出来なかったせいか、演奏は最低。私も譜面をちゃんとセッティングするのを忘れるというケアレスミスをしてしまいました。


気をとりなおした14日は、イベールの室内小協奏曲の1楽章。音楽的な改善点は多々ありますが、特に大きな事故もなく終了。


その後の私のイベールについてレッスンで「音が悪い!」と言われ、凹むも同時に課題を見つけることが出来ました。


あと、何があったかといいますと・・・


あ、9月末にドイツでのカルテットでポルトガルへ演奏旅行に行くこととなりました。

有難いことです。。。頑張ります。


なんとまとまらないブログでしょう。。。すみませんでした。。。


2013年5月 2日 (木)

今日はカルテット合わせ、ソロ伴奏合わせ、カルテットレッスンといった感じで、長い一日でした。
楽器2本での移動が大変で、切実にダブルケース購入を考えてしまいました。。。

カルテットでは、今日までに音色の修正をしたので、メンバーにどういう風に聴こえるのか質問しながら練習をしました。実際にレッスンの時には、先生には特になにも言われなかったので、良くなっているかどうかはっきりとはわかりませんが、ポジティブな方向で考えようと思います。

具体的に何を変えたのかというと、マウスピースをくわえる深さをとても浅くしました。
鳴りすぎていた音色を、少し押さえる方向で意識してみたのですが、誰にも何も言われなかった...
まあ、上手くなっていくというのはきっとこういう微調整の連続も有りでしょうから、あまり気にしないようにします。

21時近くに帰宅し、珍しくビールを飲み、ほろ酔いのところで今日はここまで。
明日はオケの合わせです。

2013年5月 1日 (水)

練習日

5月となりました。
先週の今日は日本にいたとは不思議に思うほど、すっかりこっちの生活リズムに溶け込んでしまっています。


5月1日はメーデー「労働の日」なので、祝日・休日でした。
考えてみればさらう曲が多いことに気が付き、今日は午後いっぱい掛けて練習に励むことに。
明日はカルテットのレッスンなのでソプラノサックスもさらいましたが、思ったよりコレに時間が掛かりました。


音が明るすぎ、細いなどと毎回のように怒られて、その都度修正するものの、やっぱり怒られるので「もうやり切れないッ!」という気持ちが過ぎります。しかし、どこかでコンチクショー精神があるので火が点きます。

色々と助言を頂いたりして試行錯誤し、あとは明日の相手の反応待ちといったところで、今日の練習は止めました。


明日はカルテット合わせ→ソロ伴奏合わせ→カルテットレッスンといった感じで忙しいので、早めに休もうと思います。

2013年4月30日 (火)

桜 第2弾

昨日は大学で現代音楽のオケの練習がありました。
私の住んでいる所では現在20時半まで日が残っていますので、18時過ぎに学校を出ても尚明るい空模様。


「今日のケルン大聖堂を」と写真を撮ろうとしたら、元気な逆光でシルエットになってしまいました。

Img00116


家の最寄り駅に到達すると、街の道路には日本のよく見る桜とは違う、やけにピンクの桜並木が存在します。
(また逆光)

Img00118

ここまでピンクですと、桃の花みたいですね。

Img00120

このピンクの桜と、以前ご紹介したソメイヨシノに似た桜がドイツではメジャーの桜なのでしょうか。
見渡してみると並木道にはピンクの桜が多く(恐らく植木)、各家庭の庭にはほぼ白ですが淡いピンクの桜が多い事に気づきました。

ピンクの桜の品種をこちら
調べようと思ったのですが、ここだけでも60種類以上の桜が存在するんですね。
もしかして枝垂れ桜なのかな…

数が多すぎて、どの種類なのかわかりませんでした。。。


2013年4月28日 (日)

またもや一時帰国

諸事情により、再び一時帰国を1週間ほどしていました。
先週のことです。


飛行機の中でさえ寒かったのに、成田に着くと更に寒かったのには驚きましたね。
ダウンはやめて革のジャケットを着てきた自分に激しく後悔。


何故急に寒くなったの。。。。

成田に着いた日の夜は、「アンサンブルの会」の『ワイン会』にいよいよ参加することができました。
今までは何回もお誘いを頂いていたものの、その都度何かしら用事があって参加できなかったのが、遂に達成されました。いやぁ、良かった。。


※言っておきますが、帰国したのはこれが理由ではありませんので(笑)


「アンサンブルの会」の皆さんは、既に私の中ではホームグラウンドの一つとして存在しています。
帰る場所がいくつもあって、私は幸せ者ですね。

ゲストも沢山いらっしゃっていて、私が一方的に存じているあのお方や、あのお方も!
会話を楽しみながら会食し、お知り合いになることができました。
アンサンブルの会の皆さんをはじめとするご一緒させていただいた方々、誠にありがとうございました。


次の日は、同じカルテットの竹内さんが別で組んでいる「スリズィエ・サクソフォン・クァルテット」のリサイタルを聴きに錦糸町へ。
各ジャンルを網羅したプログラムで、音色の多彩さを持つ団体でした。はやぶさのことは勿論ですが、スリズィエSQも色々な方に是非知ってもらいたい素敵な団体です。実は拝聴するのは初めてでした。

演奏会後打ち上げのお誘いも頂きましたが、実家に戻るため名残惜しいところでしたが新宿発の高速バスで長野・松本へ。
みどり湖あたりの所で、積雪を見つけたときは本当にビックリしました。


そしてやっぱり実家のあたりも雪が残っていて、ダウンを持って来なかった自分をふ再び激しく責めたわけです。
実家ではのんびり過すこともできましたし、家族との時間の大切さを改めて実感する、そんな一週間でした。
帰りのバスに乗り込むとき、胸がキュッとなったのはここだけの話。


来月はドイツで2回本番があります。この1週間でかなり燃料をチャージ出来たので、ドイツでの生活もまた頑張っていこうと思います。

そんな訳でまとまりのないブログですが、これからもどうぞ宜しくお願い致します!
(せめて週記で書いていきたい)

«桜咲く

フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

Twitter